スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(101)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(389)(塾頭)
  5. 先哲景傳同血抄(17)(暘廼舍)
  6. 肥後勤王黨・敬神黨の精神を恢弘せむ(12)(備中處士)
  7. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(38)(はゆまつかひ)
  8. 嗚呼、慕楠黒木博司少佐。(15)(備中處士)
  9. 先哲遺文に學ぶ。(35)(備中處士)
  10. 神道に學ぶ。(61)(備中處士)
  11. 賀茂百樹大人遺文(6)(備中處士)
  12. 大高山傳・合纂――高山赤城先生を仰ぐ。(25)(備中處士)
  13. 和氣公傳(12)(備中處士)
  14. 日本刀四方山話(52)(那須の権太)
  15. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(48)(備中處士)
  16. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(37)(はゆまつかひ)
  17. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(35)(はゆまつかひ)
  20. おゝ靖国の大神(40)(はゆまつかひ)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:28/985 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

幽界からの大掃除。

 投稿者:備中處士  投稿日:2018年10月20日(土)01時07分27秒
  通報 返信・引用 編集済
   三度び、下山陽太主からの示唆。

【神社界に身を置く者からすれば、譬へるなら、ときの總理大臣(=總長)が、天皇陛下(=統理)に正面から楯突くやうな前代未聞の事態】
  ↓↓↓↓↓
https://diamond.jp/articles/-/182881

神社本廳總長・田中恆清
神道政治聯盟會長・打田文博
靖國神社宮司・小堀邦夫

加へて内閣總理大臣・安倍晉三

 芋蔓式に、「戰後保守」の役者の揃ひ踏み。密室で何を語つてをるやら。畏し矣。權力は、驕り昂ぶり、且つ腐敗する。危ふきかな哉。驕る者は久しからずとは、驕れる者、如何で知るべき。

【百二十年ぶりの石清水八幡宮行幸】──父祖の名を辱むること勿れ。
【國民の間の見解のあらゆる對決を、陛下に御すがりして、自説にとつて有利に解決しようと思ふこと勿れ】──況んや祭祀大權を干犯すること、之を容さず矣。
  ↓↓↓↓↓
https://9112.teacup.com/bicchu/bbs/t1/9

 葦津珍彦大人が、泣いてをられる。否、幽界からの大掃除の發動か。

 再言す。靖國神社勅祭以來、行幸を賜ること、都合四十囘の多きを拜し奉り、恐懼至極の御事と謂はねばならぬ。然し靖國神社行幸は、凡そ三十四年間、絶えて無く、而して世間は喧しく、之を強訴恫喝する神職の出現を見た。待て、思ふがよい。石清水八幡宮の如き御祖神にあられても、行幸(平成九年八月十九日)は百二十年ぶりと仄聞し奉る。實に然り、行幸を賜るてふ御事は、實に難有い御事であり、靖國神社は護國之神靈の坐す磐境なりと雖も、臣下の神靈であつて見れば、畏くも行幸を賜りなば、靖國之大神(鈴木孝雄元宮司の喧傳する呼稱)、如何に忝なみ喜び給ひなむ。

 然し日本の神社祭祀は、天皇陛下の祭祀大權に基づくもの、臣民・草莽の、決して吐々するを許さゞるものであり、殊に靖國神社は、明治天皇特段の思召しによつて祀らるゝ神社である。松平永芳元宮司は、其の在任中、深刻なる反省遠慮を以て、現在の状況下では、「行幸を、絶對にお願ひしない」と申された。只管ら行幸を懇祷し、御待ち申し上げるはよろしいが、天裁し給ふのは、あくまで雲上であらせらる。我々は百年でも五百年でも、只管ら御待ち申し上げてをればよいことなのである。穴賢こ、穴尊と。
 
 
》記事一覧表示

新着順:28/985 《前のページ | 次のページ》
/985