スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(101)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. 日本刀四方山話(52)(那須の権太)
  5. ★☆★ 時計の間 ★☆★(377)(塾頭)
  6. 先哲景傳同血抄(17)(暘廼舍)
  7. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  8. 神道に學ぶ。(60)(備中處士)
  9. 肥後勤王黨・敬神黨の精神を恢弘せむ(12)(備中處士)
  10. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  11. 霊的国防の本義 拾遺(35)(はゆまつかひ)
  12. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(38)(はゆまつかひ)
  13. おゝ靖国の大神(40)(はゆまつかひ)
  14. 平泉澄博士遺文(11)(備中處士)
  15. 大高山傳・合纂――高山赤城先生を仰ぐ。(25)(備中處士)
  16. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(47)(備中處士)
  17. 淺見絅齋先生『靖獻遺言』筌蹄。(51)(備中處士)
  18. 靖國神社祀職(11)(備中處士)
  19. 賀茂百樹大人遺文(6)(備中處士)
  20. 嗚呼、慕楠黒木博司少佐。(15)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:24/973 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

忠孝の學問を復活せよ。

 投稿者:備中處士  投稿日:2018年 4月 4日(水)22時10分47秒
  通報 返信・引用 編集済
  ●教育敕語を仰ぐ
  ↓↓↓↓↓
http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/2749



●平泉澄先生『明治百年』(昭和四十三年十月二十八日・水戸市に於ける講演)に曰く、

「(承久の御計劃・建武の中興)慘憺たる結果に終はつて、もうこれで駄目かと思はれた時に、やがて江戸時代になりまして、學問が、この途を切り開いていつた。學問は、各方面から興つてきました。‥‥國學が盛んになつてまゐりました。これが日本の歴史を明らかにし、日本の道といふものを、次第に闡明してまゐります。しかし、まだこれは弱い。

 日本の道を強く天下に知らしめたものは、山崎闇齋の教へであります。山崎闇齋は、忠孝の絶對を主張するのであります。君に忠にして、親に孝であるといふこと、忠孝の二つは、人倫の大本である。人が人として考へられるのは、この忠孝の道徳を全うするからである。これを外れては、人ではない。その親子の關係は、たとへ子供がどれほど大きくならうとも、子供がどれほど立身出世しようとも、子供がどんなに金儲けしようとも、子供が親になり代はつて親になり、親を子供として遇するといふは、許されない。親は、どこまでも親である。年をとつても、よぼゝゞになつても、貧乏してをつても、親は、親だ。子は、子だ。親子の間に、變化があつてはならぬ。同樣に、君臣の間も左樣である。君臣の間が、世の中の事情が變はつたからといつて、にはかにひつくり返ることはあり得ない。戰爭に敗れたから、君は臣になる、臣が君になる、さういふことは絶對にあり得ないのだ、といふことを明らかにされたのが、山崎闇齋先生の教へであります。これは、非常に強い、嚴烈なる教へであります」と。
  ↓↓↓↓↓
http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/t22/l50
http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/t40/-100



 愚案、明治維新百五十周年、即ち百五十一年に當つて、「教育敕語復活の爲に、如何に働きかけるべきか」、沈潛、深く考へたい。世は保守化の由であるが、「忠孝」と申しても、全く通じない。然し「忠孝の二つは、人倫の大本である。人が人として考へられるのは、この忠孝の道徳を全うするからである。これを外れては、人では無い。世の中の事情が變はつたからと云つて、俄かにひつくり返ることはあり得ない」。變轉きはまり無き世に在つて、不易の道を求める。學問の興隆こそ、喫緊の課題と謂はねばならぬ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/973 《前のページ | 次のページ》
/973