スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(101)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(389)(塾頭)
  5. 先哲景傳同血抄(17)(暘廼舍)
  6. 肥後勤王黨・敬神黨の精神を恢弘せむ(12)(備中處士)
  7. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(38)(はゆまつかひ)
  8. 嗚呼、慕楠黒木博司少佐。(15)(備中處士)
  9. 先哲遺文に學ぶ。(35)(備中處士)
  10. 神道に學ぶ。(61)(備中處士)
  11. 賀茂百樹大人遺文(6)(備中處士)
  12. 大高山傳・合纂――高山赤城先生を仰ぐ。(25)(備中處士)
  13. 和氣公傳(12)(備中處士)
  14. 日本刀四方山話(52)(那須の権太)
  15. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(48)(備中處士)
  16. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(37)(はゆまつかひ)
  17. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(35)(はゆまつかひ)
  20. おゝ靖国の大神(40)(はゆまつかひ)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:47/985 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

戀闕の志を繼承せむ。

 投稿者:備中處士  投稿日:2018年 2月25日(日)15時46分5秒
  通報 返信・引用 編集済
   平成三十年二月二十五日午前十時半、野中四郎大人命の八十二周年、即ち八十三年慰靈祭を、吉備前國岡山市平井の東山靈園なる野中家墓地に於いて齋行す。岡山縣愛國者協議會・岡田則夫翁が創祀されて以來、こゝに四十二囘を數ふるなり。

 曇天なりと雖も、祭典が始まれば、日の光り挿込み、國旗の旌めく音、實に清々し。此の祭典の奇瑞、毎度の事にして、雪は降ること有つても、雨降ること無し矣。参列する者、感激の至りなる可し。

祭主兼典儀 秋田智紀
齋   主 式内縣社足高神社・井上直亮禰宜
https://www.okayama-jinjacho.or.jp/search/16671/

一、陸軍喇叭
  國歌齊唱二囘
一、皇居遙拜
一、祝詞奏上
一、蹶起趣意書捧讀
  野中四郎命遺書捧讀
一、玉串奉奠
一、聖壽萬歳

http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/2722

【蹶起趣意書・遺書・平泉澄博士『孔雀記』】
http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/2449

【平泉澄博士『松下村塾記講義』】
http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/1701

 祭典後、野中大尉の御尊父・野中勝明陸軍少將の墓地へ推參し、拜禮。

 野中四郎命の墓は、大尉の叔父にして養父なる野中類三郎翁の墓地に在り。元祿以來の墓石を存して壯觀なるも、絶家ならむか、無縁墓地と化してゐる樣子なり。墓石の文字を讀むこと、次の如し。

   昭和十一年二月二十九日卒
   享年三十有四
一、野中四郎之墓

   昭和十七年一月五日卒
   行年七十七
一、慈雲院幽□□□居士
   野中類三郎

   行年七十七才
   昭和三十七年三月八日歿
   類三郎妻野中ツ子
一、慈光院貞室常昭大姉
  清心院慈光壽妙大姉
   四郎妻野中美保
   (裏)昭和五十二年八月吉日、野中美保建之



追記
●『皇道日報』記事──祭典中は寫眞撮影の嚴禁なること、勿論なり。祭典を終へ、解散後の一葉。
  ↓↓↓↓↓
http://koudoupress.net/%e3%80%90225nonaka/
 
 
》記事一覧表示

新着順:47/985 《前のページ | 次のページ》
/985