スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(101)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. 平泉澄博士遺文(11)(備中處士)
  5. 大高山傳・合纂――高山赤城先生を仰ぐ。(25)(備中處士)
  6. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(47)(備中處士)
  7. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  8. 神道に學ぶ。(57)(備中處士)
  9. 淺見絅齋先生『靖獻遺言』筌蹄。(51)(備中處士)
  10. 日本刀四方山話(52)(那須の権太)
  11. 靖國神社祀職(11)(備中處士)
  12. 賀茂百樹大人遺文(6)(備中處士)
  13. ★☆★ 時計の間 ★☆★(367)(塾頭)
  14. おゝ靖国の大神(40)(はゆまつかひ)
  15. 霊的国防の本義 拾遺(35)(はゆまつかひ)
  16. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(37)(はゆまつかひ)
  17. 嗚呼、慕楠黒木博司少佐。(15)(備中處士)
  18. 肥後勤王黨・敬神黨の精神を恢弘せむ(12)(備中處士)
  19. 先哲遺文に學ぶ。(34)(備中處士)
  20. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:25/962 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

天皇守護の力士道。

 投稿者:備中處士  投稿日:2018年 2月 7日(水)23時10分19秒
  通報 返信・引用 編集済
   貴乃花親方の曰く、

『觀るものを魅了する』大相撲の起源を取り戻すべく、現世への生まれ變はりの私、天命があると心得てをり、毘沙門天(炎)を心にしたゝめ、『己に克つ』を實踐してをります。國家安泰を目指す角界でなくてはならず、『角道の精華』、陛下の御言葉をこの胸に、國體を擔ふ團體として、組織の役割を明確にして参ります。角道の精華とは、入門してから半年間、相撲教習所で學びますが、力士學徒の教室の上に掲げられてをります、陛下からの賜りし訓です。力と美しさ、それに素手と素足と己と鬪ふ術を錬磨し、國士として力人として、陛下の御守護をいたすこと、力士は、そこに天命ありと心得てをります。‥‥角道・報道、日本を取り戻すことのみが、私の大義であり、大道であります。勸進相撲の始まりは、全國の神社佛閣を建立するために、角界が寄與するために、寄進の精神で始まつたものです。天皇陛下から命を授かり、現在に至つてをります
  ↓↓↓↓↓
https://dot.asahi.com/wa/2017121100028.html?page=1

と。 純にして正、大相撲界から、圖らざる言葉に衝撃を受けたり。惜しむらくは、親方の周圍に人を得むことを懇祷す。政治家も、これくらゐの精神で、大政に臨んで戴きたいものだ。悔しかつたら、嘘でもいゝから、一遍でも言つてみろ。

 一方、大相撲協會の見識が窺へる一駒。大相撲千秋樂、拜戴前に準備された「賜杯」を、テレビ中繼にて拜見。何と、清潔と云ひ難き一般の臺車の上に、天子樣から賜りし優勝杯を、無造作に置いてゐるではないか。小汚い臺車、せめて一葉の和紙を敷いて奉戴しなさい。視聽する者も、不快千萬、洵に不敬億兆。こりや、本道に駄目だワ。

 而して本日、貴乃花親方の獨白を視聽。大相撲協會に於ける貴乃花親方は、靖國神社執行部に於ける泉水隆一監督、神社本廳に於ける何某と重なつて、込み上ぐるものあつて、涙を禁ずる能はず。親方は、下山陽太主の云ふ、紛れも無き復古派だ、正統護持派だ。親方の角道復古、「天皇守護」の力士道に、「獨り」と雖も、頑張つて欲しいと、切に祈る次第。
 
 
》記事一覧表示

新着順:25/962 《前のページ | 次のページ》
/962