スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(101)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. 平泉澄博士遺文(11)(備中處士)
  5. 大高山傳・合纂――高山赤城先生を仰ぐ。(25)(備中處士)
  6. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(47)(備中處士)
  7. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  8. 神道に學ぶ。(57)(備中處士)
  9. 淺見絅齋先生『靖獻遺言』筌蹄。(51)(備中處士)
  10. 日本刀四方山話(52)(那須の権太)
  11. 靖國神社祀職(11)(備中處士)
  12. 賀茂百樹大人遺文(6)(備中處士)
  13. ★☆★ 時計の間 ★☆★(367)(塾頭)
  14. おゝ靖国の大神(40)(はゆまつかひ)
  15. 霊的国防の本義 拾遺(35)(はゆまつかひ)
  16. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(37)(はゆまつかひ)
  17. 嗚呼、慕楠黒木博司少佐。(15)(備中處士)
  18. 肥後勤王黨・敬神黨の精神を恢弘せむ(12)(備中處士)
  19. 先哲遺文に學ぶ。(34)(備中處士)
  20. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:28/962 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

実存主義者改め桜坂秀翠

 投稿者:桜坂 秀翠  投稿日:2018年 2月 6日(火)10時46分33秒
  通報 返信・引用
  「田母神氏の論文を拜見して思ふに、大東亞戰爭の言あるは當然としても、元號の表記は全く無い。これは何うしたことか。敢へて申し上げたいが、戰後世代にとつては、元號とは、一體、何であるのか。自衞隊關係者にとつて、影山正治翁なぞ、全く關係ないのは判るものゝ(影山翁の最近の弟子も、師に叛旗を飜して、西暦を用ゐて憚らぬ時代、小生は其の門下では無いが、之を悲しむ)、せめて我が國に於ける記事論文の筆法として、我が元號を用ゐて戴きたいものである。元號とは、時間・空間を支配せるもの、吉野時代以降、論説する者の思想傾向を見るに、奉ずる所の暦法は、缺くべからざる要素である。西暦を奉ずるてふ事は、精神的放浪、往いて歸らざる者、或は邪蘇の軍門に降ると云ふ事、之に因り、敵か否かを判別し得る程の、至重至大の問題である。人、小生を變人奇人として、或は嗤へば嗤へ。獨り堪へるのみ。此の已むことの無い怒りは、俄か保守には、決して理解して戴けないであらうが、小生の悲しみは洵に深い。

 戰後政治家に愛想をつかして長い小生であるが、戰後の歴代首相に對して、靖國神社參拜を求める御方の氣持ちが、小生には、實は全く解せぬのであります。何故ゑ人氣集票のみに苦慮して、皇國の名譽に關はらうとしない政治家に、靖國神社の參拜を懇願して、此の一點に對し、現代の民族派・保守家の人々は、一致團結して之を求め得るのか。皇國中興の御志を有たぬ者にとつて、靖國神社は、何等かゝはりは無い所でありませう。寧ろ靖國神社の一切から、戰後政治家の一掃を懇望して、靖國神社の清淨と靜謐を守りたい。平素に於いて黨派の政諍流行に忙しい政治家・保守家は、一部の民族陣營を含めて、靖國神社を利用してゐるのに、全く氣が附いてゐないのでは無いか。小生は憂鬱を抱き、反吐が出て頭が劇しく痛み、且つ懊惱する。故に筆が進まない」と。

↑久し振りに覗かせて頂きました。

備中さんに大賛成!
 
》記事一覧表示

新着順:28/962 《前のページ | 次のページ》
/962