teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


お知らせ

 投稿者:お天道様  投稿日:2007年11月25日(日)11時32分9秒
返信・引用
  次はステージ3にカキコします。  
 

妹デメテル、姪のペルセポネ、冥界の王プルート

 投稿者:お天道様  投稿日:2007年11月23日(金)16時21分15秒
返信・引用
  「はは、ゼウス、ゼウス!苦しむといいよ。君の家族はどんどんいなくなる。君が一人で
居てくれるなら、僕もそっちの方がいいな」
テュフォンは薄ら笑った。アーヴァンの報告は、なかなか順調なものである。
「ふふ。そろそろあいつも限界かなぁ?お気に入りの巫女は死んだみたいだし、箱が開いて
世界はなかなか大変だって聞くよ?」
テュフォンは高らかに笑う。さぁ次だ。あいつに更なる苦難を。

そして、僕が次の王になる。




ゼウスは嘗て、兄達と共に実の父を殺した事がある。ゼウスの父は横暴な王だった。
どうしようもない、王だった。だから、仕方なかった。
その兄弟姉妹達は、今も尚暮らして居る。妹のデメテルは、ゼウスもお気に入りの兄弟だ。

「ペルセポネも大きくなったなあ」
ゼウスは目を細めて姪っ子を見た。デメテルに似て、美女になったものだ。
「ふふ、ありがとう伯父様。……その、カリスト様とアルカス様の事は、お悔やみ申し上げ
ますわ」
「……ペルセポネは良き娘に育った。気にするな」
ヘラとも、何だかんだ言って上手くいっていない。ヘーベを嫁に出した事を相当怒っている
らしい。

「兄さん、元気だして?ね?」
デメテルにも気を遣わせてしまった。悪い兄貴だと思う。

「悪いな」
「別にいいのよ。兄妹でしょ?」
そういって、二人は帰っていった。

後日の事。昨日までは確かに小春日和であったのに、どうだろう。
大雪が降って、地面を覆い隠してしまった。
「何たる事!デメテル、デメテルはどうした!」
デメテルには地上を生かす力がある。彼女あってこそ緑は萌え広がり、山は密林に茂るのだ。だから彼女は地の母と呼ばれる。

下働きの召使いが、慌てて報告にやってきた。
「大変です!冥府の王プルート様が、ペルセポネ様をいたく気に入り、嫁にしてしまわれた
との事、ショックを受けたデメテル様が、いずこかへお隠れになられたそうです」

「何だと!」
ゼウスは玉座から立ち上がった。今回だけは、かなりまずい。地上が狂ってしまった。
「至急ペルセポネを戻せ!向こうのものを食べていないのなら間に合うだろう」

ゼウスはしばし思案した。これで地上の神々に、ゼウスの統制が危うい事に気付かれた。

「ゼウス様、ペルセポネ様は冥府の実を三つ食べられてしまわれました。これで毎年三月程、ペルセポネ様は冥界に帰らねばなりませぬ」
毎年三ヶ月、デメテルは悲しみから地上に出なくなるだろう。
そうしたら、冬がくるのだ。

「ゼウス様、どうなされます?」
「……もう限界だろうな。今回の事で、地上の神々の反感を買った」
「テュフォンを撃ちますか」
「しばし待とう。必ず星は我が手に」

ゼウスには予感があった。この状況を打開できる救いがある事を。
そして、夢華はこの地に向かっていた。
 

放置し過ぎたんで、今取り戻しておこう・・

 投稿者:お天道様  投稿日:2007年11月23日(金)15時44分57秒
返信・引用
  「ゼウス!」
パタパタと、忙しそうに歩き回る音がする。
「ゼウス、居るのでしょう?姿をお見せになられたら!?」
ヘラだ。ヘラもまた、ゼウスの妻の一人。
「ヘラ、カリストが…」

「カリスト?……よく分かりませんが、後になさって。それよりもヘーベですわ。ヘーベが
ヘルクレスと結婚したいとおっしゃりましたの」
ヘーベはヘラとゼウスの娘だ。ヘラはどうしてか英雄ヘルクレスが大嫌いで、癇癪を起こし
ているように見える。
「いいじゃないか。ヘーベも婚期だろう?英雄とも知れるヘルクレスの嫁に行くのであれば
何も問題ない。むしろ、ヘルクレスよりいい男なんて、そうはいないだろう」

ゼウスはそっと溜息を吐いた。なぜ、この女はここまでヘルクレスを嫌うのだろう。
「なんですって!?ゼウス、あなたどうせ、ヘーベの事なんてどうでもよろしいんでしょう!」
「何だと?どこの国に娘が可愛くない親がいると?」
「でなければ、恐いんだわ!あの恐ろしい悪魔が!あなたはテュフォンに勝つ自信がないの
ね?だからあの荒くれ者に娘をやって、親戚関係を持とうとするのよ。いざ自分が危なくな
ったら、ヘルクレスに助けてもらおうとか考えているのではなくて?」

それだけ言うと、ヘラは踵を返して立ち去ってしまった。
「ヘラ!」

その様子を、祭司長アーヴァンだけが見ていた。
そしてゼウスは、彼の笑みに気付かなかった。
 

ギリシャ神ゼウスとカリストとアルカス

 投稿者:お天道様  投稿日:2007年 9月29日(土)09時15分26秒
返信・引用
  「ゼウス様、大変です!」
上擦った声で、ゼウスがパンドラの次に信頼を置く召使いのアントワーヌが告げた。
「何事か?」
この身が危なくなってからは、側に置く召使いや祭司を厳密に選んできた。
恐らく、その事にはテュフォンも気付いているだろう。

「ゼウス様の妻、カリスト様が熊になったと…」
「熊だとっ!?一体全体なぜ」
「いえ、私には分かりかねます」
ゼウスは水晶をたぐり寄せた。水晶に命じて、ほしい情報を映し出させる。
水晶は深い森の中を映し出す。そこには一匹の大熊が確かに山を彷徨いていた。

「ああ、カリスト。私の美しき妻」
ゼウスは一目でこの大熊が自分の妻だと見抜いた。
「助けにゆこう、すぐ」
ゼウスは水晶の映像を消して、身支度をしようとしたが、それをアントワーヌが止めた。
「ゼウス様!見て下さい!」

水晶の大熊に、近付いてゆく者がいる。間違いなく、息子のアルカス。
アルカスはつい先程狩りに出たばかりだったのだ。
熊のカリストがアルカスを見つけた。久々に会えた我が子に、思わず駆け寄る。
しかし、アルカスは熊が襲ってきたようにしか見えない。そのまま熊を射抜いてしまった。

「何と…何ということだ」
アルカスは、熊が我が母と知れず、殺してしまったのだ。

「何と悲しい運命」
ゼウスは死んだカリストが哀れで、アルカスを小熊に変えた。
そして二人を空に放り投げて正座にしてしまったのだ。これが、大熊座と小熊座となった。
しっぽを掴んで投げた為、今でも正座の熊の尾は長い。

「テュフォン。お前の仕業なのか?」
ゼウスは我が妻と子を失って、悲しみに沈んでいた。
 

ギリシャ神ゼウス

 投稿者:お天道様  投稿日:2007年 9月17日(月)15時25分51秒
返信・引用
  ギリシャの神の神、大神ゼウス。哀れみをもって神や人を星にし、時には罰を下す神を治め
る神。娶った妻は数知れず。ありし子孫も数知れず。
彼は、ここヨーロッパに、神殿を持っていた。

「パンドラ。任せたぞ」
彼は呟いた。誰にも聞こえないように。
ここの神殿は、危険だ。スパイが居る。我が身を滅ぼし、新たな王となろうとする輩が。
暴れん坊、テュフォン。彼には幾度となく手を焼いてきた。
恐らく祭司長アーヴァンはテュフォンの手先。他の内通者が分からない以上、下手には突けない。

この神殿には、妻子が居る。
月と狩りの女神アルテミスに仕えるニンフ(森や湖に住む妖精)のカリスト。その子供アルカス。
英雄ヘルクレス嫌いで知れるヘラ。その娘ヘーベ。
レダとその子供、カストル、ポルックス、ヘレン、クリュテムストラ。
エウロパと、マイヤ。

更に、妹で地の母と言われるデメテル、その娘ペルセポネ。
山羊の乳母、アマルティア。

近々ヘーベは嫁に行く予定だが、それを抜いても大家族。何せ上記の通りゼウスには5人
もの妻がいて、6人の子供が居る。
大神ゼウスは、皆まで守れるかどうか怪しかった。

「取り敢えず…危険は遠ざけねば」
彼は宝石達の苦悩も知れず、呟いた。
 

この黒虎…幻影??

 投稿者:謎の人  投稿日:2007年 7月23日(月)02時20分17秒
返信・引用
  夢華は、得意の必殺ワザで黒虎に、切りつけた…スカッ?(; ̄ー ̄)...ン?
夢華の体は、トラの中にすんなり入ってしまっていた…
ひっとして、これはステージ3に出てくる予定の幻影のトラなのか???
謎は深まる…深深と…
 

シルクさんもワザが使えます^^

 投稿者:謎の人  投稿日:2007年 7月19日(木)02時30分56秒
返信・引用
  夢華さんだけかと思っていたら、シルク・ド・リームさんも使えました^^
どうやら、『灼熱地獄』は、シルクさんが元祖なんですかネ~?
武器から繰り出す、強烈な炎…、これじゃあ、相手はひとたまりもありませヌ…
 

火の玉♪

 投稿者:謎の人  投稿日:2007年 7月17日(火)01時25分40秒
返信・引用
  夢華さんの必殺ワザが、放たれる瞬間の映像が届きましたw
白トラのジャイアント(何でも、名前が濃いオレンジだそうですww)でも
炎に焼き尽くされる、強烈なワザだそうです
夢華さんの剣の付近に、炎の玉が出来、敵に向かって放たれる瞬間だそうです
このあと、白トラのジャイアントは、見事に燃えつくされて消滅したそうですw
ぉぉ…強い、夢華…(^^ゞ
 

火の玉?

 投稿者:お天道様  投稿日:2007年 7月16日(月)11時56分57秒
返信・引用
  地面から炎が吹き上げる(ように見える)って、説明書きに書いちゃった。
(ステージ1の190件目参照)

でもそのSSすごいね!
本当に灼熱地獄に見える…。。。
 

夢華『夢華第三法、灼熱地獄!』

 投稿者:謎の人  投稿日:2007年 7月16日(月)03時33分43秒
返信・引用
  自分自身に打ち勝つ事ができた夢華
その時の映像が、届きました^^
なんでも、火の塊を相手に投げつけて、相手を燃やし尽くす必殺技らしいです
かなり強力な技を見につけましたネ~
しかし、相手は幻影…消滅しても、再び作り出す事のできるモノ
これからの夢華の旅のパートナーとして、付き添う事になりそうです…
 

レンタル掲示板
/14