スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(347)(塾頭)
  5. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  6. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  7. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  8. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  9. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3/933 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

之を古今に通じて謬らず、之を中外に施して悖らず ── 教育勅語を仰ぐ。

 投稿者:備中處士  投稿日:2017年 3月12日(日)22時37分37秒
  通報 返信・引用 編集済
  ■『教育に關する勅語』漢譯(『漢英佛獨・教育勅語譯纂』明治四十年・文部省刊)

 朕惟、我皇祖皇宗、肇國宏遠、樹徳深厚。我臣民、克忠克孝、億兆一心、世濟其美、此我國體之精華、而教育之淵源、亦實存乎此。

 爾臣民、孝于父母、友于兄弟、夫婦相和、朋友相信、恭儉持己、博愛及衆、修學習業、以啓發智能、成就徳器、進廣公益、開世務、常重國憲、遵國法、一旦緩急、則義勇奉公、以扶翼天壤無窮之皇運。如是者、不獨爲朕忠良臣民、又足以顯彰爾祖先之遺風矣。

 斯道也、實我皇祖皇宗之遺訓、而子孫臣民之、所當遵守、通諸古今、而不謬、施諸中外、而不悖、朕庶幾、與爾臣民倶拳拳服膺、咸一其徳。

 明治二十三年十月三十日。

御名御璽。




■明治天皇聖喩『教學大旨』(明治十二年。元田永孚謹記。森清人翁『みことのり』平成七年六月・錦正社刊)

 教學の要、仁義忠孝を明かにして、智識才藝を究め、以て人道を盡すは、我が祖訓國典の大旨、上下一般の教とする所なり。然るに輓近、專ら智識才藝のみを尚び、文明開化の末に馳せ、品行を破り、風俗を傷ふ者、少なからず。然る所以の者は、維新の始め、首として陋習を破り、知識を世界に廣むるの卓見を以て、一時西洋の所長を取り、日新の效を奏すと雖も、其の流弊、仁義忠孝を後にし、徒らに洋風、是れ競ふに於ては、將來の恐るゝ所、終ひに君臣父子の大義を知らざるに至らんも、測る可からず。是れ我が邦教育の本意に非ざる也。

 故に自今以往、祖宗の訓典に基づき、專ら仁義忠孝を明かにし、道徳の學は、孔子を主として、人々、誠實品行を尚び、然る上、各科の學は、其の才器に隨つて、益々長進し、道徳才藝、本末全備して、大中至誠の教學、天下に布滿せしめば、我が邦、獨立の精神に於て、宇内に恥づる事無かる可し。




●梧蔭井上毅子『元田永孚に與ふる書』(明治二十三年十月二十二日)

「愚見にては、内閣の政事に混雜せずして、一に聖主の親衷より斷ぜられ、内閣大臣の副署なき勅語、又は御親書の體裁にして、廣く公衆へ御下げに相成り候ふ方、然る可きか歟。‥‥若し副署ある一の政令となりて發せらるゝ時は、國會にて啄を容るゝ所の内閣、責任政略の一と看做され、後日に政海の變動と共に紛更を招くの虞れあるべく、却て千載不滅の聖勅の結果を薄弱ならしむべきか歟、御熟思、之れ有り度く冀ひ奉り候ふ」と。



●東野元田永孚男『内閣總理大臣・山縣有朋に與ふる書』(明治二十三年十一月三日)

「囘顧すれば、維新以來、教育の主旨定まらず、國民の方向、殆んど支離滅裂に至らんとするも、幸ひに聖天子、叡旨の在る所と、諸君子、保護の力とを以て、扶植矯正、今日に至りたる處、未だ確定の明示あらざるより、方針に迷ふ者、少なからず。

 然るに今般の勅諭にて、教育の大旨、即ち國民の主眼を明示せられ、「之を古今に通じて謬らず、之を中外に施して悖らず」、實に天下萬世、無窮の皇極と云ふべし。彼の不磨の憲法(大日本帝國憲法)の如きも、時世に因りては、修正を加へざるを得ざるも、此の大旨(教育勅語)に於ては、萬世に亙りて、復た一字も易ふ可からず矣」と。



●田中卓博士『教育勅語を仰ぐ』(『日本』昭和四十二年十月號。日本思想史研究會『教育勅語を仰ぐ』昭和四十三年十一月・皇學館大學出版部刊に「日本教育のバツクボーン」として所收)

「教育勅語の飜譯は、單に英語・ドイツ語のみではない(戰後の獨逸にては、教育勅語の價値を失はず、例へばアデナウアー元首相は、其の官邸に獨譯を掲げたりと云へり)。實はフランス語も支那語もある。そしてその飜譯者は、他ならぬ日本の文部省であつた。明治四十年、文部省は、教育勅語の英譯を公にした。そしてそれには、教育勅語發布の由來書まで附載した。その後、漢語譯(愚、上記を拜記す)ができ、引きつゞいてフランス語譯・ドイツ語譯ができたのでこれをあはせて一卷とし、明治四十二年、文部省より『漢英佛獨・教育勅語譯纂』と題して公刊された。

 すなはち教育勅語は、その發布後二十年間に、日本國民の精神をつちかひ、日清・日露の戰勝を經て、大いにわが國威を發揚せしめたが、政府は、さらに文字通り「之を中外に施して悖らず」といふ信念をもつて、外國譯に飜譯し、精神的にも日本の道義を海外に宣布しようとしたのである。いはゞ千二百餘年前、日本の歴史を漢文で書き、『日本書紀』と題して唐人に示さうとした父祖の態度と同じである。何とすばらしい氣概、堂々たる識見であらうか。あゝ、『明治の精神』。この精神、なかんずく教育勅語を復活することこそが、明治維新百年を迎へての眼目でなければならぬ」と。



 愚案、かつて東野元田永孚翁『聖喩記』を、蘇峰徳富翁の書から拜抄して、同憂の士の清覽に供せしことあり。目的の爲めなら手段を撰ばざる所の、何某記念小學院の創立にかゝはつて騒擾する折柄、こゝに再掲して、教育勅語の、宇内に神聖たる所以、また古今に普遍たる所以を高唱し、
代々木大神の大御心より發せらるゝ所にして、世界皇化の大眼目なる可きを喚起すと云爾。
  ↓↓↓↓↓
http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/genda.htm



●蘇峰徳富猪一郎翁『増補・元田先生進講録』(昭和九年六月・民友社刊・普及版)に曰く、

「聖喩記・明治十九年丙戌十一月五日・元田永孚謹記

 十一月五日午前十時、例に依り參内、既にして皇上出御、直ちに臣(元田永孚)を召す。臣、進んで御前に侍す。皇上、親喩して曰はく、

「朕、過日、大學に臨す[十月二十九日]。設くる所の學科を巡視するに、理科・化(學)科・植物科・醫科・法科等は、益々其の進歩を見る可しと雖も、主本とする修身の學科に於いては、曾つて見る所無し。和漢の學科は、修身を專らとし、古典講習科ありと聞くと雖も、如何なる所に設けあるや、過日、觀ること無し。

 抑も大學は、日本教育高等の人材を成就すべき所なり。然るに今の學科にして、政治治要の道を講習し得べき人材を求めんと欲するも、決して得べからず。假令ひ理・化・醫科等の卒業にて、其の人物を成したりとも、入つて相となる可き者に非ず。當世復古の功臣、内閣に入つて政を執ると雖も、永久を保すべからず。之を繼ぐの相材を育成せざる可からず。然るに今、大學の教科、和漢修身の科、有るや無きやも知らず。國學・漢儒、固陋なる者ありと雖も、其の固陋なるは、其の人の過ちなり。其の道の本體に於いては、固より之を皇張せざる可からず。

 故に、朕、今、徳大寺侍從長に命じて、渡邊總長に問はしめんと欲す。渡邊、亦た如何なる考慮なるや。森文部大臣は、師範學校の改正よりして、三年を待つて地方の教育を改良し、大いに面目を改めんと云つて、自ら信ずると雖も、中學は稍々改まるも、大學、今見る所の如くなれば、此の中より眞成の人物を育成するは、決して得難きなり。汝(永孚)、見る所、如何」。

 臣(永孚)、謹んで對へて曰く、

「陛下の言、此に至る、皇國生民の幸なり。臣、曩(さき)に命を奉じて、徳大寺と共に大學を巡視し[十月十八日]、竊かに感覺する所あり。徳大寺、先に既に反命するを以て、臣、未だ敢へて陳せず。謂へらく、臣、敢へて言はずと雖も、陛下、一たび臨御せば、必ず叡心に覺る所あらん」と。

 今、宸勅を奉ずるに、果して臣が見る所の如し。臣、嘗つて大學々科の設けを聞くに、修身の學科なし。和漢の學は、文學科に和漢文ありと雖も、僅かに和漢の文章を作るのみ。哲學科に東洋哲學ありと雖も、是れ亦た僅かに經書聖賢の話を述ぶるのみ。加之(しかのみならず)、僅かに時限を以て、匆々に經過すれば、和漢修身の學も、僅かに名のみにして、其の勢、將に廢棄せられんとす。其の教科にある教官は、物見高見・島田重禮等、僅々たる一二員にして、其の餘は、皆、洋學專修の徒、而して此の人々たるや、大抵、明治五年以來の教育に成立したる者にして、西洋の外面を摸彷し、曾つて國體君臣の大義、仁義道徳の要を聞知せざる者共なり。彼の某等の著書を一見しても、其の放言する所に依て、其の思想の赴く所を概見すべし。此等の腦髓を以て生徒を教導せば、後來の害、實に恐る可きなり。今にして此を停止せざれば、復た挽囘すべからず。

 今、陛下の眞衷より發し、徳大寺を遣はされ、渡邊總長に詰問賜はらば、皇道の興張、果して此より生るべき也。臣、誠恐、深く陛下の此の言に感仰欽敬す。臣、敢へて一身を顧みず、唯だ陛下の命ずる所、森大臣・渡邊總長に向つて問難する所あらんとす。然れども臣、竊かに自ら量るに、臣が漢學者流にして、陛下の左右にあるは、衆目の視る所なり。故に臣が言を出さば、陛下眞衷の勅語も、故は臣が上言して作爲する所と、疑を容れんも知るべからず。是れ臣が、謹んで敢へて自ら任ぜざる所なり。

 抑も教育の重大なる、夙に陛下の深く慮る所、『幼學綱要』の欽定ありしより、漸くにして米國教育の流弊を救正し、世上、再び忠君愛國の主義に赴き、仁義道徳を唱ふる者あるに至りしも、去去年より、又た復た洋風に傾き、昨今に至つては、專ら洋學と變じ、和漢の學は、將に廢絶に至らんとするの勢、有志の士、皆、大いに憂慮する所なり。但だ國學・漢學の固陋なるは、從來、教育の宜しきを得ざるに因る。其の忠孝道徳の主本に於いては、和漢の固有なり。今ま西洋教育の方法に由つて、其の課程を設け、東洋哲學中に、道徳の精微を窮るに至るの學科を置き、忠孝廉恥の近きより進んで、經國安民の遠大を知得することを務めたらんこと、眞の日本帝國の大學と稱すべきなり。今の設けの如くしては、聖喩の如く、名醫は多人數成就するも、政事は執ることはなるまじく、法學にて、君徳の輔佐も充分ならず、理科・植物・工科等にて、其の藝に達したりとも、君臣の道も、國體の重きも、腦髓に之れ無き人物、日本國中に充滿しても、此を以て日本帝國大學の教育とは云ふべからざるなり。

 自今以往、聖喩に因つて、和漢の學科を更張せんには、其の道に志ある物集・島田等の如き、聊かも國學に僻せず、漢學に泥まず、西洋の方法に因つて教科を設け、時世に適應して、忠孝道徳の進歩を生徒に教導せんこと、何の難きことあらん。其の風氣の及ぶ所、必ず國學・漢學者中に奮發して、國用に供する者出で來るべき也。當世の風潮は、面々各々、其の辯を振ひ、其の腕を伸ばし、唯だ進んで取ることを要するの時に際しては、自分一歩も退くべからず。素より彼等に抵抗するにも及ばず。唯だ地歩を占めて進む時は、一歩も拔かさず、吾が道徳仁義を進入せしむるを以て、當世の著眼となすべきなり。是れ臣が平生の見る所、深く陛下の勅喩を敬承贊美し、速かに徳大寺に命ぜられ、渡邊總長に下問あらんことを希ふ所なり。更に宜しく伊藤大臣・吉井次官等にも、聖意の在る所を御示喩あらんことを欲す。

 右、謹んで上言する處、聖顔、喜色麗しく、更に又た反復懇喩あり。一時間餘にして退く」と。



○自在・公平か、自由・平等か。
  ↓↓↓↓↓
http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/1826
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/933 《前のページ | 次のページ》
/933