スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(347)(塾頭)
  5. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  6. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  7. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  8. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  9. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:8/933 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

阿部國治翁『新釋古事記傳』全七卷

 投稿者:備中處士  投稿日:2017年 2月18日(土)23時04分27秒
  通報 返信・引用 編集済
  ■橘曙覽大人の哥

神々に 一人おくれて 負ひ給ふ 袋にこもる 千の幸はひ



 最近、Twitterにて、何方かが、阿部國治翁『新釋古事記傳』全七卷を紹介してをられ、今、あらためて確認しようとしたが、當該呟きが見當らぬ。然し大いに氣になり、思ひ切つて購入した。御紹介の御方に、深く感謝したい。冗長な所が些か氣にはかゝるものゝ──驚いた、平明なる文章と見事なる解釋。眞の名著として、大人にも子共にも、強く推奬する。早速、我が愚なる妻子にも讀ませたい。

 「私(阿部國治翁)は、筧克彦先生によつて、魂の目を開いていたゞきました。そしてまた『古事記』の味はひ方に、本道のあることを悟らせていたゞきました。それ以來、いつもゝゝゝ『古事記』と取り組んでをります。『古事記』を味はひながら、あるときは泣き、あるときは喜びつゝ、日常生活の指導原理を、全部『古事記』の中から汲み取つてをります。いはゞ『古事記』は、汲んでも汲んでも汲みきれることのない泉のやうな、『たましひ』の糧なのであります」と。此のやうな御本は、ハード本では無く、是非とも文庫化して、『古事記』入門の契機としてもらひたい。



●阿部國治翁著・栗山要氏編『新釋古事記傳』全七卷(平成二十六年四月・致知出版社刊)

○阿部國治翁の書(昭和十三年三月三十日筆)

切散八俣遠呂智──切り散(はな)つ、八俣遠呂智
負帒爲從者率往──袋を負(しよ)ひ、從者(ともびと)と爲りて率往(ゐき)き

○栗山要氏の解説

 意譯すれば、「八俣遠呂智(八岐大蛇)を遠ざけて、袋を背負ひ、從者となつて、人生を歩いていかう」といふことにならうか。

 『日本書紀』には、八岐大蛇について、「頭と尾が、それぞれ八つあり、眼は赤酸奬(あかほおずき)のやうである。松や柏が背中に生へ、八つの山・八つの谷の間いつぱいに廣がつてゐた」と書いてある。そして前後の記事から推察すると、「若い女と酒が大好きだつた」やうである。言つてみれば、周圍を睥睨する權力者の象徴であらう。「その八俣遠呂智のやうな權力者の生き方と決別して、大國主命のやうに、袋を背負つて、世の中の下積みになるやうな仕事をしていかう」といふのが、筆者の決意だつたに違ひない。

 事實、筆者は、東京帝國大學法學部英法科首席卒業といふ榮光を擲ち、疲弊にあへぐ農民救濟のために、地下足袋を履いて、全國の村々を歩いてゐる。そのまゝ進めば、東京帝國大學法學部教授、官界に入れば、高級官僚への道が約束されてゐたであらう人生を、自ら拒否して、『袋背負ひの心』に徹したのである。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/933 《前のページ | 次のページ》
/933