スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(346)(塾頭)
  5. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  6. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  7. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  8. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  9. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:24/933 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

天皇の御爲めに、心を盡す可し矣。

 投稿者:備中處士  投稿日:2016年11月24日(木)18時58分30秒
  通報 返信・引用 編集済
   天皇陛下の玉音を無みする政治家・高官は、神明の赦さゞる所にして、「尊皇は先、利民は後」の定理を覺つて、速かに反省し、鋭意、盡忠奉公の本道に立ち返る可きなり。或る神仙の、常に宣り給ふは、

現世にては、天皇は、諸社の神より尊し。然りとて官人等の、天皇の命を僞り、神社の神位を、我が心任せにして、神の尊卑を談じ、貴神を墮して賤神に贈位するなどは、幽冥界に入りては、其の罪重し。親に不敬をする等の罪は、之より輕きと、又た重きとの二つあり。されど天皇を輕蔑し、高官として命令を僞り作りたるは、神の赦さゞる處にして、其の罪科、尤も重し。‥‥現世、天皇の御爲め、次いで人民の爲めには、心をも盡すべし」と。



 平成二十八年十一月十八日、横濱總鎭守・伊勢山皇大神宮に於て、邪教「創價學會」撲滅成就祭擧行さる。

 此の學會なるものは、昭和十八年六月、治安維持法違反、及び不敬罪の疑義にて檢擧されてをる、問題の頗る多き新興宗教であり、夙に時局對策協議會から、嚴しく糾彈されてゐる神敵であるが、今度び有志相集ひて、撲滅祈願が執行された由。所謂る佛魔の中でも、跳梁跋扈の甚だしきものにして、既に政府與黨は軍門に下りつゝあつて、其の魔力は、強大にして深刻なりと謂はねばならぬ。此の佛魔拂攘に勇む有志同朋、若し些かの油斷あらば、釋魔の玩ぶ所となるは必定、畢竟、相手は邪靈の憑依物の集合體なれば、身には緋縅の鎧を纏つて、鋭意、質實剛健、敬肅謹愼に力められ、
皇神皇尊の大御稜威の下、日常的に『大祓』奏上を缺かすこと無からむを、特に幾重にも御願ひしておきたいと存じます。



**********

 謹みて神界におはします神々に奏上申し上げます。

 吾人は、「我等は 天皇尊の股肱なり、我等は銃後の近衞兵」と云ふ信念の下、戰後體制打倒・神世復古成就を使命とし、復古中興運動に挺身してをります。吾人は、本津教たる惟神大道を旗印に、破邪顯正の神劍を振ひ、皇國體に叛逆する邪教を、徹底的に撲滅し、一億 皇民、悉く神洲清潔乃民たる大自覺を取り戻さむとの決意であります。

 殊に日乃本一の邪教たる創價學會を撲滅せねばならぬの大事は、吾人が使命であります。本年は、淫祠俗惡邪教創價學會が創立され、八十六年になります。然し神敵池田大作率ゐる邪教創價學會は、國内では立正安國の實現の爲に、「總體革命」と稱し、各界に學會員を送り込み、亦た「廣宣流布」と稱し、全世界を佛國土に改變しようとする愚を悔い改めぬどころか、野心旺盛、依然として神罰を恐れることを知りません。淫祠俗惡邪教創價學會を撲滅せずして、神世復古、竝びに世界皇化の大願を成就する事は叶ひません。故に吾人は、橘曙覽先生の和歌、「大皇に 背ける者は 天地に 入れざる罪ぞ 打つて粉にせよ」との攘夷貫徹の大精神を肝に銘じ、果敢に淫祠俗惡邪教創價學會撲滅運動に挺身する所存であります。

 吾人が所屬する大日本愛國團體聯合・時局對策協議會は、福田素顯大人創設以來、一貫し、淫祠俗惡邪教創價學會撲滅の大旗を掲げ、一騎當千の運動を行つて參りました。先覺烈士の志操に相聯なり、以て神國日本、復古中興に挺身する事を、神前に誓願申し上げます。

 神界にまします神靈に於かれましては、吾人が微衷を諒とし、神佑冥助の御加護を下し玉はりますことを、只管に冀ひます。謹み畏みて、小林弘典、申す。

平成二十八年十一月十八日

 民族派有志聯帶運動
  愛 倭 塾  小林 弘典
  盛道烈士會  竹本 大樹
  大 地 社  木下 厚
  同血新聞社  下山 陽太
  日本のこゑ社 大岩 優輝
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/933 《前のページ | 次のページ》
/933