スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(346)(塾頭)
  5. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  6. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  7. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  8. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  9. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:30/933 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

天皇不在の尊皇、神なき祭の蔓延を憂ふ。

 投稿者:備中處士  投稿日:2016年11月 7日(月)21時52分8秒
  通報 返信・引用 編集済
   大地社の木下厚氏が、『芳論新報』平成二十八年十一月號に、「曾子曰、吾日三省吾身」と題して特別寄稿され、殊に豬狩史山翁『日本皇室論』や泉水隆一翁『靖國神社の眞實』を引用されて、大いに氣炎を吐いてをられる。尊く嬉しい氣持が湧いて來り、小生も反省多きが故に、些か紹介したい。曰く、



「今日の右翼陣營において、尊皇・敬神崇祖こそが大義であると膽に銘じて、運動に挺身してゐる活動家は、どれ程ゐるのか──。これは、我らに對して心情的共鳴を寄せる一般人の、多く關心の抱くところである。いくら言葉や文章では、尊皇を叫んでゐても、宮城の一般參賀へ赴いては、畏れ多くも天皇陛下にカメラを向け、我先にとSNSに、御眞影を投稿掲載して憚らず、或は神聖にして靜謐たるべき宮城付近で、大音量を流す輩が強辯する「尊皇」に、一體如何程の説得力が存してゐるといふのであらう。‥‥

 靖國神社に關しても、實際に境内に赴けば、今日の右翼カブレした自稱愛國者の意識が、どれだけ低いのか、否が應でも垣間見る事が出來る。いつから靖國神社は、街宣右翼の休憩所や賀詞交換會の會場になつたのか‥‥、いつから街宣右翼優先駐車場になつたのか‥‥。‥‥

 街宣車で軍歌を大音量でかけ乍ら、靖國神社へ參じては、英靈を語る。英靈が、今日の日本を見て悲しんでゐるに違ひない、英靈は我々の運動を喜んでくれてゐるに違ひない‥‥、さういふ身勝手且つ尊大な會話が、お茶屋の側の喫煙所では飛びかつてゐる。自分の感性で、靖國神社を、そして英靈を語るやうな人達が、一體どうしたら、靖國神社の正統護持など出來ようか。

 抑も戰爭を知らぬ世代が、好き勝手に自分の感性で英靈を弄び、あらうことか靖國神社を、政爭の具に陷れて來たのではないか。所謂保守系と呼ばれる人々は、英靈を大東亞聖戰の主役として語り、英靈が如何に可哀想であつたかと熱辯する。亦た明治御新新も、勤皇志士が主役で、彼等が自らの意志で行動し、皇國中興を成し遂げたかのやうに語る。保守系の論には、天皇が存在しない。偶々存在したとしても、「神聖」は皆無である。‥‥

 保守系の人々の事情はわからぬが、少なくとも右翼陣營には、朝鮮が嫌いだとか、支那が嫌いだからといふ輕薄な理由だけで、足を踏み入れた者は居ないと信じたい。然し乍ら現状は、朝鮮や支那、政治家への不滿が、右翼を動かす燃料といつた状態である。もう少し言へば、『産經新聞』や『正論』なる媒體、人物で言へば、櫻井何某・小林何某といつた者達のラジコンに過ぎなくなりつゝある。陣營に身を置く多くの人が、大義を忘却してしまつた爲であらう。天皇不在の尊皇、神なき祭が蔓延し、その結果、今日のスローガン重視の右翼が産まれたのだ。

 このまゝでは、平成中興の實現はおろか、保守系やネツト愛國者だけではなく、世間の嘲笑を浴び、誰からも相手にされなくなるだらう。日韓・日中國交斷絶、そして現行憲法「破棄」が、我等の目標ではない。これらのスローガンは、戰後に初めて唱へられたのであつて、日本及び日本人は、わづか七十餘年の歴史しか有さないものではないのである」と。



 小生も叫びたい、靖國神社から、參道正中に陣取つて憚らず、齋庭を私物化せんと欲する奴輩を摘み出せ、と。
 
 
》記事一覧表示

新着順:30/933 《前のページ | 次のページ》
/933