スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(346)(塾頭)
  5. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  6. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  7. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  8. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  9. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:32/933 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

からだ、だわるな。是れ我が指針なり。

 投稿者:備中處士  投稿日:2016年10月23日(日)19時54分3秒
  通報 返信・引用 編集済
   ●平泉澄博士『三徳の記』(昭和二十五年七月記。『日本』六十一年十二月號「市橋保次郎翁の盛徳──歳寒の記・三徳の記」所收)私抄

 修徳のうち、特に三つの點に就いて述べたいと思ふ。

一、禮儀
 そもゝゝ我が國が禮儀の正しい國として、外國より尊敬せられたのは、由來、久しい事である。唐の人、我が國の使節を見て、「人民豐樂、禮義敦行の君子國が海東にあるとは、かねて聞いてゐたが、今、あなたを見るに、まことに其の噂に背かない」と云つたとは、『續日本紀』にいふ所であり、殊に唐の玄宗が、我が遣唐副使に與へた國書に、「日本は、禮義の國、神靈の扶(たす)くる所」と記されたとは、『文苑英華』の傳ふる所である。近くは明治初年に福井に來た米人グリフイスの如きも、その名著『ミカドス・エムパイヤ(皇國)』に於いて、日本人の禮儀の正しく、禮讓の厚いのを、深く歎賞してゐる。しかるに戰後は、一國の人、殆んど狂せるが如く、社會の風潮は、俄かに激變した。即ち其の態度は、横柄にして驕慢、其の言語は、野卑にして不敬、互ひに輕んじ、互ひに疑ふに至つた。古語にも、「禮は人の幹なり。禮無くば、以て立つこと無し」とあるが、禮を無視する事は、自他の人格をふみにじる事である。自分の人格も棄てゝ顧みず、相手の人格もふみつけて構はないのであるから、人に融和なく、世に平安なきは、當然であつて、こゝに相尅の世、危亂の時が現れた。

一、勇氣
 禮儀から、忽然として勇氣へ移つては、人、或はその變化に驚くであらう。普通には、禮儀と勇氣とは縁の遠いもの、寧ろ反對のものとさへ考へられるからである。しかるに深く考へて見ると、禮儀は、實に勇氣より發するのである。何故かと云へば、自己の慾情を規制し得て、初めて禮をふみ行ふ事が出來るのであり、若し之を抑へ得なければ、放縱・專恣・怠惰・驕傲に流れ、即ち禮にそむくからである。『論語』に「克己復禮」とあるは、實に之をいふ。勇氣の中でも一番強い力を必要とするのは、己の慾情と戰ひ、之を抑へつける時である。山中の賊を討つは易く、心中の賊を平ぐるは難い。從つて心中の賊を討ち、己の慾情にうちかつ人は、之を大勇大剛の人といはなければならぬ。

一、正直
 禮の本が勇にある事は、既に述べたところであるが、勇の源は、正直であらう。若し不正直であれば、眞の勇氣の湧いてくる筈がなく、一切の徳の生ずべき由がない。正直は、蓋し神を信じ、神を恐るゝより發する。之を「せいちよく」とよまずして、「しやうぢき」とよむ點から考へれば、この言葉は、佛教より出たものであつて、『法華經』の方便品に、「正直捨方便、但説無上道」とあるもの、恐らくその出典であらう。かやうに言葉としては佛典より出たものであらうが、教としては、專ら神道に於いて重視せられて來た。即ち有名な『三社の託宣』のうち、天照大神の神教として、「正直は、一旦の依怙(えこ)にあらずと雖も、終ひには日月の憐を蒙る」とある。一旦の依怙云々といふのは、正直者は、一時的には不利であるやうに見えても、終局に於いて神助を期待し得るといふ意味である。これが神道、殊に伊勢神宮の神教として尊ばれて來たのであつて、さればこそ、謠曲の『御裳濯(みもすそ)』にも、「夫れ人は、天下の神物たり。かるが故に正直をもつてさき(先)とす。日月はししうを照すといへども、分きて只だ正直のかうべにやどり給ふ」と歌はれてゐるのである[「ししう」は四衆であつて、比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の四つを指し、即ちすべての人の意味であらう]。

 初めは之を別々のものとして、横に竝べて見てゐたが、そのうちに内部的相關から、縱に配列すべきもの、即ち相互の間に本末始終の關係があると考へ、以上のやうに順序を立てたのである。さてかやうに順序を立てゝくると、それは期せずして橘曙覽先生の『遺訓三箇條』に合致し、たゞ其の順序が、丁度裏返しになつてゐるのに氣がついた。遺訓にいふ、

うそ いふな
もの ほしがるな
からだ だわるな


「うそいふな」は、即ち正直である。「ものほしがるな」は、克己心であり、即ち慾情を制する勇氣である。「からだだわるな」のだわるは方言であるが、語脈は遠く『古事記』の「山の多和」、源順の『家集』の「ねし黒髮のねくたれのたわ」、『後撰集』の「垣根もたわに咲ける卯の花」などの「たわ」と通じ、撓むの「たわ」と同じく、緊張の反對、即ち弛緩・屈曲・倦怠・怠慢・疲勞・無作法を意味し、從つて「からだだわるな」は、懈怠を戒め、勤勉を説いたものであるが、同時に無作法を戒め、禮儀を正しくするやうに諭したものと解して差支へないであらう。見來れば先哲後賢の揆を一にする、驚くべきである。



【忠孝と義勇との關係──平泉澄博士による谷秦山先生『炳丹録序』講義──『萬物流轉』險難の一路に所收】
  ↓↓↓↓↓
http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/t6/4



 愚生の病弱なる、年來、書を讀めば頭痛の劇しき、業に動けば疲勞の重き、如何ともし難き身なれども、さして病名のつく程では無く、所謂る未病のうちに手当經過するが故に、愚生の宿病は、蓋し懈怠にして勤勉ならず、無作法に在るのであらう。橘曙覽先生の、隱逸にしてなほ「身體、弛緩倦怠する勿れ」の嚴烈なる遺訓、謹みて拜戴するものであります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/933 《前のページ | 次のページ》
/933