スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(346)(塾頭)
  5. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  6. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  7. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  8. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  9. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:34/933 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「支那」は、差別語に非ずして、贊美の稱なり。

 投稿者:備中處士  投稿日:2016年10月21日(金)17時48分42秒
  通報 返信・引用 編集済
  ●『神皇正統記』孝靈天皇御條に曰く、

「凡そ此の國(皇國)をば、『君子不死の國』とも云ふなり。孔子、世の亂れたる事を歎きて、『九夷に居らん』との給ひける。日本は、九夷の其の一つなるべし。異國には、此の國をば東夷とす。此の國よりは、又た彼の國をも、西蕃と云へるが如し。四海と云ふは、東夷・南蠻・西羌・北狄也。南は蛇の種なれば蟲を從へ、西は羊をのみ飼ふなれば羊を從へ、北は犬の種なれば犬を從へたり。たゞ東は仁ありて命ながし。よりて大、弓を從ふと云へり」と。



 「異國(支那・諸越・漢土)には、此の國(大日本)をば東夷とす。此の國よりは、又た彼の國をも、西蕃(『新撰姓氏録』)と云へるが如し」とは、名言ならずや。男兒なら、一遍、言つてみろ。

 支那の呼稱の正当なる所以、皇國人が支那を「中國」と云はねばならぬとする不當なる所以、其の基礎を深めなければならぬ。支那と云ふ言葉は、何時から用ゐられてゐるのか、皇國の人が何故ゑ支那の要求に、唯々諾々として從ふのか、誰が喧傳したのか等、研究すべきことは少なからず。

 それを踏まへた上で、人によつては「中國」と云はねばならぬと考へる人も、或はあらう。先づは正攻本法で行くべし。權道は、策畧家・工作員の仕事。其の權道も、基礎がなければ、途中で腰が碎けよう。小生が元號に拘り、西暦を駆逐せよと叫ぶのは、西暦の使用を當り前と考へ、疑問すら有たぬ人が、餘りにも多い爲めに他ならぬ。西暦を使はなければならぬ時も、或はあるかも知れぬが、それは飽くまで權法であつて、決して皇國人の正しい道とは考へない。正名は、皇國中興の關鍵である。

**********

 「支那」と云ふ言葉は、千五百年以上も前の印度で、現在の支那の邊りを「シナ」、或は「シナスタン」と呼んでゐたのが起源。「スタン」は、土地・地域の謂ひ。今日でもアジア中部には、パキスタン・アフガニスタン・トルキスタン・カザフスタン等、スタンの付く所が多くあるが、これらのスタンも、皆な地域の意である。支那の佛教飜譯僧は「支那・至那・脂那」等とし、シナスタンは「震旦・眞丹・振丹・神丹」等と表記した。

 我が國に「支那」の語が入つて來たのは、蓋し平安時代以前に溯る(『榮花物語』・『今昔物語』等)。それに比べて、「中華」・「中國」は、「支那」とは比べ物にならない程、差別的な語源を持つ言葉、侵掠主義・覇權主義の象徴(中華思想)である。支那に關する學問を、京都帝國大学教授内藤湖南博士以來、「支那學」と云つた。若し「中國」と云ふ者があれば、戰後、世間に媚び諂つて文を賣らむが爲か、祖國が支那と思つてゐる反日革命家か、無自覺者であらう。健全な日本人が從ふ必要は、毫も無い。

●出典
「支那」=虎關師錬『元亨釋書』・『濟北集』。北畠親房公『東家祕傳』等。
「震旦」=『榮花物語』・『今昔物語』。北畠親房公『神皇正統記』等。
「神丹」=承陽大師『正法眼藏』等。

●『元亨釋書・王臣傳・論』に曰く、「彼の支那は、葱嶺の東、數十の邦、咸(み)な法度を取り、推して中國と稱し、又た文物國と言ふ」と。

●『飜譯名義集』に曰く、「衣冠文物の地なるが故に、讚美して支那と言ふ」と。

●新井白石『西洋紀聞』に曰く、「按ずるに、其の人(邪蘇教宣教師の伊人シドツチ)の言に、チイナと云ふは、即ち支那なり」と。

**********

 「中國」とは、支那人が自稱するのは構はない。現在の革命王朝名は、大陸「中華人民共和國」ないし臺灣「中華民國」である筈で、「中國」とは、支那人の略式自稱に限定される。それでもなほ支那人が、或は之に同調するマスコミが、日本人に對して、「『支那』は差別語だ。『中國』と呼べ」と云ふなら、我が日本も、その呼稱に相當する言語で呼んでもらひたい。「よし、解つた。貴國を『中國』と呼んでつかはさう。但し我が日本を『神國』と呼び給へ」と。

 亦た「中國人」を原語の發音主義で呼べば、チヨンコオレンだらうが、何時の間にか、チヤンコロになつてしまふでは無いか。これこそ、問題であらう。かく申すマスコミ、天氣豫報に、毎日、「南シナ海」と曰つてゐるが、支那に對して、どう言ひ訣してゐるのか。英米が支那を「チヤイナ」、佛西が「シーノ」等、即ち「シナ」の方言を使つてゐるから吉いのか、世界の公的機關が認めれば吉いのか。「ユーラシア大陸」は、欧州・支那大陸の略稱であらうが、これは問題ないのか。こゝら邊りの差別語論者のいゝ加減さ、小生は、頭が惡いので判らない。何、「支那の政府が嫌がるからだ」と。然らば日本海は、韓國人の仰せの通り、「朝鮮海」と改稱するか。其の變はり、我が國は太平洋を、幕末の地圖の如く「大日本海」と改稱しようではないか。

     吉備の中國の土人・備中處士、謹白



●寒林平泉澄博士『東家祕傳の識見』に曰く、

「凡そ我が國に關する限り、支那といふ稱呼そのものが、輕蔑の意味をもつてゐた事は、曾て無かつたのであります。支那といふ稱呼が、惡意に滿ちてゐるといふ事は、我々日本人の夢想もしなかつたところであります。かやうな解釋は、それこそ惡意に滿ちた宣傳であつて、かゝる惡意の宣傳が、東洋の平和を亂した事は、かへすがへすも殘念なりとしなければならないのであります」と。
 
 
》記事一覧表示

新着順:34/933 《前のページ | 次のページ》
/933