スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(346)(塾頭)
  5. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  6. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  7. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  8. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  9. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:44/933 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

安倍民主幕府の不逞不忠。

 投稿者:備中處士  投稿日:2016年 9月26日(月)18時11分20秒
  通報 返信・引用 編集済
   天皇陛下には、先月八日、御讓位の大御心を宣明あそばされた御事に關して、風岡典之宮内廰長官は、「これから主に内閣官房での檢討になるが、出來るだけ優先的に對應して戴きたい。速かに檢討が進むことを願つてゐる」(平成二十八年九月二十一日・定例記者會見)と述べた。

 安倍晉三「日本國總理大臣」は、之を容認すること能はず、今、目を疑ふべき次の記事に遭遇した。若し事實とすれば、一葉の落つるを見て、天下の秋を察するに足り、一斑を見て全豹を卜するに足れり。首相とは、内奏が可能であるし、畏れ多きことながら更なる大御心の眞意を伺ひ奉る立場であつて、草莽の我々とは違ふ。安倍首相には、其の勇氣も識見も、固より無いと云ふことか。

 所謂るオフレコか否かは知らぬが、「お氣持ち表明に關し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」とか申すゴロツキ、「陛下が思ひとどまるやう、動くべきだつた」とか嘯く不敬の徒輩を明かにせよ。傲然たる態度が見てとれる。之を聞かせ給はゞ、天皇陛下には、如何に思召さるゝや。

 法律は、權・天に勝たず。非理法權天の大旆、高くはためくは、或は近きに在るかも知れぬ。聖上の大御心を遮る者を、君側の奸と謂ひ、明かなる敕語に從はざる者を、逆賊と謂ふ。鼓を撃ち、攻めて可なり矣。



**********


●時事通信・平成二十八年九月二十五日

 宮内庁長官の風岡典之氏が二十六日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長には、西村泰彦内閣危機管理監が就任する。

 天皇陛下のお氣持ち表明に至る過程で、宮内廰の對應に不滿を持つた首相官邸が、人事で「てこ入れ」を圖つたやうだ。

 宮内廰幹部の異動は春が通例で、風岡氏も、當初は來年三月末まで務めるとみられてゐた。政府關係者は、退任が早まつた理由について「お氣持ち表明に關し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語つた。

 陛下の生前退位のご意向が官邸に傳へられて以降、杉田和博官房副長官らは、退位の自由は憲法上認められてゐないと判斷し、負擔輕減策の檢討を進めてゐた。さうした中で、陛下のお氣持ち表明の動きが表面化した。官邸は宮内廰に對し、「陛下が思ひとどまるやう、動くべきだつた」(關係者)と、辛口評價だ。

 宮内廰次長には、事務次官經驗者が、各省の顧問などを經て就任する例が多く、西村氏の「官邸直送」は異例。警察出身者の起用は二十二年ぶりで、同じく警察出身の杉田氏の意向が反映されたとの見方がもつぱらだ。西村氏は、來月から始まる「天皇の公務の負擔輕減等に關する有識者會議」の事務局に、宮内廰を代表して參加する。


**********
 
 
》記事一覧表示

新着順:44/933 《前のページ | 次のページ》
/933