スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(347)(塾頭)
  5. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  6. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  7. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  8. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  9. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:45/932 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

戰後保守の僭上、遂に大權干犯に至る。

 投稿者:備中處士  投稿日:2016年 9月 5日(月)22時01分22秒
  通報 返信・引用
  『「靖國神社」の内紛──「歴史修正」と訴訟沙汰で大搖れ』(『選擇』平成二十八年八月號)

 徳川(康久。慶喜公曾孫)宮司は、「自らの主張は個人的なものにとゞめて、戊辰戰爭をめぐる靖國神社の見解を修正するやうなことはしない」と明言してゐる。ところが、護國神社關係者によれば、今年の職員に對する年頭挨拶で、「理念を見直すことも必要」と、公言したされる。神社關係者の間には、「今後、發言を重ねることで、『歴史修正』を圖らうとしてゐるのではないか」との疑念が募り始めてゐる。

 事は、それだけで收まらない。神道政治連盟國會議員懇談會の龜井靜香衆院議員が、「官軍と同じやうに國を思つてゐた徳川軍や會津軍、西郷南洲翁を祀つてゐないのはをかしい」と、「賊軍」も合祀するやう、徳川宮司に直接要求すると、徳川宮司は、「私もをかしいと思ふ」と、同調したといふ。しかもこの懇談會の會長は、安倍晉三首相その人である。

 龜井氏は、さらに石原愼太郎元東京都知事を卷き込んで、雜誌『月刊日本』八月號の「靖國神社は西郷ら賊軍を祀れ」と題する對談記事で、持論を繰り廣げた。幕府軍・會津藩はじめ、奧羽越列藩同盟・西郷隆盛翁らに觸れて、「彼らも國を想ひながら戰つたことに變はりはない」と、徳川宮司とまつたく同じ見解を示した上で、「恩讐を超えて、全ての犠牲者をお祀りすべきだ」と力説したのだ。‥‥

 石原氏も、「戊辰戰爭・西南戰爭の犠牲者。だつてみんな仕方なしに戰つたんだ。さういふ人たちを慰靈しないのはをかしい」と、首肯してみせた。‥‥平仄を合はせた龜井氏と石原氏の對談が、靖國神社で浮く徳川宮司にとつて、追ひ風に働いたことは間違ひなく、靖國神社の存立の礎を、その根幹から變容させる、強力な援軍になり得るのだ。‥‥

 歴史觀や教義などの形而上的な問題ではなく、徳川宮司が被告となつてゐる、地位確認請求訴訟といふ、極めて通俗的な問題も、この社の背に重くのしかゝる。訴訟は、職員に對するパワーハラスメントを理由に、神職から事務員に降格された元權禰宜が、懲戒處分の無效と權禰宜の地位にあることの確認を求めて、東京地裁に訴へたものだ。‥‥

 裁判は、六月から始まつてゐるのだが、事情を複雜にしてゐるのは、この元權禰宜と徳川宮司が、國學院大學文學部神道學科の同級生であること。しかもその縁で、芝東照宮の權禰宜を務めてゐた徳川氏が、靖國神社の宮司に招かれたといふ經緯があるからだ。いはゞ元權禰宜は、本來なら徳川宮司の側近中の側近であるはずだが、パワハラを理由に降格と譴責といふ、嚴しい懲戒處分を受けたのだ。

 さらには、そのパワハラの内實が、昨年十月、秋季例大祭に參列した皇族に供するお菓子を、掃除中の女性職員が、擔當でもないのに受け取り、これを目撃した元權禰宜が叱責したことなのだといふ。皇族の口に入る食品の安全確保といふ、危機管理の觀點からすれば、今後、同樣のことがないやう注意を促すのが當然だが、元權禰宜だけが處分された。さすがに靖國神社内にも、この扱ひを疑問視する聲が噴出したといふ。

 處分を主導したのが、元權禰宜と疎遠だつた幹部職員であつたことから、「徳川宮司といふトツプを挾んだ權力鬪爭の結果」といふ見立てのほか、「神社のあり方と運營方針をめぐる對立・混亂の象徴」との解説まで囁かれてゐる。眞相は、まだ藪の中だが、この不可解な處分の背景にある神社内の確執が、裁判を通じて表沙汰になる公算が大きい。


**********


 愚案、靖國神社創立の由緒、即ち明治天皇の聖旨である「理念を見直すことも必要」と嘯く、徳川康久宮司。「『わが國の眞の自立と再生』をキヤツチフレーズとする民族系の保守雜誌として、右派の關係者に愛讀されてをり、その影響力は看過できない」と云ふ『月刊日本』。共に其の識見、其の志向を知るに足る。

 抑も此の戰後保守共、一體、靖國神社を何だと思つてをるのか。何でも吼えれば、己が思ひ通りになるとでも‥‥。何なら、何處ぞの宗教法人でも乘取つて、「新たなる崇敬神社」でも創めては如何。別格官幣社たる靖國神社には、關はり無いことである。
 
 
》記事一覧表示

新着順:45/932 《前のページ | 次のページ》
/932