スレッド一覧

  1. 「九段塾」塾頭・金城翁最終講義(44)(備中處士)
  2. 「九段塾」塾頭・一兵士翁遺文抄(100)(備中處士)
  3. 泉水隆一監督『凛として愛』臺本(8)(備中處士)
  4. ★☆★ 時計の間 ★☆★(347)(塾頭)
  5. 神道に學ぶ。(55)(備中處士)
  6. 祖神垂示 親譲之道 拾遺(36)(はゆまつかひ)
  7. 賀茂百樹大人遺文(5)(備中處士)
  8. 先哲遺文に學ぶ。(31)(備中處士)
  9. 日本刀四方山話(51)(那須の権太)
  10. 平田篤胤大人遺文(31)(備中處士)
  11. 平田篤胤大人『古史成文』(165)(南雄)
  12. 崎門學筌蹄――埀加靈社・山崎闇齋先生の學問。(46)(備中處士)
  13. 世界的天皇信仰――愛國か尊皇か――(35)(はゆまつかひ)
  14. 參考聚英(15)(備中處士)
  15. 平泉澄博士遺文(9)(備中處士)
  16. おゝ靖国の大神(39)(はゆまつかひ)
  17. 大元靈に坐す天之御中主大神(8)(備中處士)
  18. 平田篤胤大人顯彰者・相原修神主(30)(相州之民艸ならびに備中處士)
  19. 霊的国防の本義 拾遺(34)(はゆまつかひ)
  20. さあ、『少年日本史』を讀みませう!(7)(備中處士)
スレッド一覧(全44)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:48/932 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

絶望的だからこそ‥‥。

 投稿者:備中處士  投稿日:2016年 7月 9日(土)13時44分11秒
  通報 返信・引用 編集済
   本日、岡山縣愛國者協議會の岡田則夫翁より、荒魂之會『會報あらたま』平成二十八年七月十日發行第百五十九號(千葉市の駒井鐵平翁主宰)を郵送して戴いた。本間一誠氏『「あらたま刊行四十周年」の囘顧』より、

「四十年以上前の荒魂之會發足以來、ずつと變らない緻密な年間計畫を以て、現在も營々と會が運營されてゐることには驚嘆するばかりで、強い信念と使命感なくして出來ることではない。例會における年間の課題圖書として、毎年提示されてゐる書物を見ても、そのレベルの高さと志操の一貫性には、脱帽の他はない。それに比べれば、ろくな勉強もせず、殆ど空しく流れた己の數十年が悔やまれるが、今更仕方がない。‥‥

 昭和五十七年六月、東京で福田恆存氏を圍む、あらたまの懇談會があつた。席上、福田氏は、『正假名遣については、もう絶望的でせう』と發言された。それを聞いて、咄嗟に、『私どもは、先生の『私の國語教室』を讀んで覺醒したのです。當の先生が、さう仰有られても困るのですが』と、愚かなことを言つてしまつた。忽ち福田氏の面上に、嚴しい色が表れ、

絶望的だから、いいんです。絶望的だからこそ、人生は生きるに値するんです

と、強く叱責された。あの時の恥づかしさは、今に忘れられない。今年、小學校に入學した初孫の國語教科書を見た。學年別漢字配當もそのまま、文章の幼稚さも、四十年前と、何も變らない。何も、である。あの時の福田氏の激語が、耳朶を打つ」と。



 昨日、高校の同窓生より電話あり。何してゐるのと問へば、何と、元空軍一佐の由。親米與黨に一票を、と。世は、選擧一色、絶望感が漂ふ‥‥。共○黨や公○黨と與む者、邪蘇教徒に、入れる心算は、固より無い。

 穗積八束博士『憲法提要』に曰く、 「皇位と國家とは、合して一體と爲す。其の合一する所以は、天皇の意思、即ち國家意思を爲すことに存す。略して之を言へば、天皇、即ち國家たり」と。然し天皇即國家論は、「日本のため」と、皆な云ふ現代では、誤解を招く。事には、本・末、前・後あり。第一義は、尊皇に存し、國益・利民は、其の次だ。先づは尊皇の大義、國體の闡明を掲げよ。

 千家尊福大人の曰く、「上は天皇陛下の御爲め、下は國家・國民の爲め、幸御魂・奇御魂を鮮明にし、忠誠を以て、皇基を擁護すると同時に、和衷共同、以て事に當られんことを」と。國家・國民の事は、暫く措け。上、第一義が確固たらば、下、自から成らむ。第一義を高く掲げぬ者、小生は、之を信用しない。
  ↓↓↓↓↓
http://9112.teacup.com/bicchu/bbs/t10/54
 
 
》記事一覧表示

新着順:48/932 《前のページ | 次のページ》
/932